ここへ来ての断捨離

ここへ来ての断捨離

どういう訳かここへ来て
捨ててしまおう
手放してしまおう
そばに置きたくない
そんな事を強く思う
ようになっています。

多分心が
ザラザラ
ガサガサ
ギスギス
バタバタ
トゲトゲ
しているから
なのでしょう。

捨てたり
上げたり
私の場合は
中古で何とか
しようとは全く
思いません。

だって自分が
手放そうと思う
モノなのですから
そう考えると
相手方に大変失礼な事。

勿論、愛着のないものを
買うわけが無いという自負も
あるわけですから。

手放すモノは
いらないと思った
モノだけなのです。

そう考えると
私はある意味
薄情なのかも
ですかね。

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/18 6:56

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、108.13円。
LME銅、115ドル下げ。
後場、35ドル上げ。
銅在庫、-2,600トン。
NY銅、-1.15セント。
LME銅建値計算トン66.6万円。
LME後場銅建値計算67.0万円。
NY銅相場建値計算66.5万円。
昨日の市場が開くまでは
心配で心配でもう
居ても立ってもいられない
そんな感じでしたが何とか
為替も落ち着いていて
株式市場も暴落にはならず
今朝の為替も余り変わらず
さすがに銅相場の値は
3ケタの下げでしたが
NY銅では多少の落ち着きも
出てきたようにも。
先週では銅建値1万円
上げ余地期待でしたが
昨日の段階ではどれ位
下がるかの不安がありました。
今朝の銅建値計算値では
何とか据置のポジション
まあ今のところはとね。
サウジも原油供給
月内に攻撃前水準へと
FRB利下げの予定もあり
NY原油6%安の59ドル
相場関係には落ち着きが
戻った感じです。
しかしいつ何時何が
起こるかわかりません
もしかすると今回そんな
予行練習だったようにも
と感じてしまいました。
原油反落
金は続伸
米ダウ反発33ドル高
FOMC控え様子見と。
巷では建築電気設備
人手不足のようです
それも相当な感じで
そして耳にするのは
余っている人は使えない
そういうレベルなのだと
雇っても来てもらっても
腕が悪い働きが悪い
結局ここへ来て何故
余っていたのかという事。
以前のバブルの時の
手抜き工事と同じような
様相になっています。
これは後に問題に
なることになるのでは?
今はオリンピック景気で
期限が設定されています
そこに間に合われるために
猫も杓子も詰め込み作業
発注を出す方もですが
請け負う方だって安易
実際の現場はここへ来て
もうしっちゃかめっちゃか。
今期みんな安全に滞りなく
終わる事が出来るのかどうか?
歪みは出てこないのか?
歪みは残らないのか?
さあどうなりましょう。

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

2019/09/17 6:49

おはようございます。
外国為替NY(今)
余り変わらず、108.11円。
LME銅、7ドル上げ。
後場、31ドル下げ。
銅在庫、+5,100トン。
NY銅、-6.00セント。
LME銅建値計算トン67.8万円。
LME後場銅建値計算67.4万円。
NY銅相場建値計算66.7万円。
先週までは銅建値
1万円上げ余地でしたが
今朝の計算値では
それが消えています。
でも私的にはよくぞ
その位で止まってくれたと
今朝はやはり無意識に
心配していたのか
2時半に目が覚めてしまった。
週末、サウジアラビアの
石油施設が無人機で
攻撃されたとの報道
原油需給綱渡り 
NY原油15%高と
それによる景気後退懸念
またそれの波及で
銅相場にも悪影響予想
なんか此の間までは
銅相場更に上を目指す
銅建値も70万円台回復
なんて期待も描いたようにも。
これで萎んでしまうのか?
はたまた今度は下降へと
一気に転じてしまうのか
米とイランの緊張激化?
せっかく長期金利も
上がってきて逆イールドも
解消された感もあったのに
さあどうなりましょう?
原油急反発14.7%高!
金も反発
米ダウ反落142ドル安
中東情勢受けた原油高
中国の景気減速懸念
広がるコスト増懸念
個人消費に悪影響
財布のひもを締める
物価高は待ったなしか
さあ悪い方への連鎖が
またまた始まってしまうか?
昨日は久々に街へ出て
ある意味、消費がさすがに
上向いているような実感を
得たような錯覚をしたりして
でもよくよく見回してみると
日本人で無い外国人だったり
お金もってそうな年配だったり
百貨店の努力の賜だったり
連休だったりと
プラスに働いた感じも。
でも海外では無人機攻撃
なのですよプラント破壊
なのですよ産油量の約半分
世界の石油供給量の5%停止
なのですよ!
対岸の火事では無く身構え
自衛の準備なのですよ!